スマホ情報

【UQモバイルとワイモバイルを比較】料金・機種・サービスをプロが解説

2021年2月26日

  1. HOME >
  2. 情報 >
  3. スマホ情報 >

【UQモバイルとワイモバイルを比較】料金・機種・サービスをプロが解説

2021年2月26日

 

K太郎
この記事は、携帯業界に身を置き10年以上!今も現役で働いているK太郎が執筆しています。

 

格安SIMと変わらない料金で、通信速度が早く、安定した通信サービスを提供しているUQモバイルワイモバイル

 

昔からライバル関係にある両者ですが、料金プランの内容が似ているので、どちらを選べばいいのか、悩んでいる人も多いと思います。

 

UQモバイルとワイモバイルをプロ目線での比較を徹底的に行い、どちらがおすすめなのかご紹介いたします。

 

 

こんな方におすすめの記事

  • UQモバイルとワイモバイルどちらを契約しようか悩んでいる
  • UQモバイルとワイモバイル、どっちが自分にピッタリなのか知りたい
  • UQモバイルとワイモバイル、お得な方を契約したい
  • UQモバイルとワイモバイルのキャンペーン情報を知りたい

 

UQモバイルとワイモバイル、両社共におすすめの会社ですが、特徴が全然違います。

 

K太郎
今回の記事では各社のキャンペーン情報も紹介・比較しており、自分にぴったりな会社を選ぶ参考になること間違いないですよ!

 

目次

UQモバイル・ワイモバイルプロが比較した結論を紹介!

笑う子供

UQモバイルとワイモバイルを比較した結論から紹介すると、このようになりました。

比較した結果を紹介

  • 単身で利用するならばUQモバイル
  • 家族でスマホ契約をまとめるならばワイモバイル

 

理由はこの後、詳しく紹介しますが先に軽くご紹介すると

 

理由を簡単に紹介

  • ワイモバイルは家族割引の値引額が大幅に上り、月額990円で利用可能。
  • UQモバイルは家族割引は廃止されたが、単身の契約の場合最安値を維持できる

 

K太郎
これらが、家族向けのワイモバイル。単身向けのUQモバイルで紹介した理由です!

 

細かく解説する為に、料金プランの比較をご紹介します。

 

UQモバイルとワイモバイルの料金を比較

料金

 

まずは、UQモバイルとワイモバイルの料金比較の結果を紹介します。

 

※比較表の中身は全て税込で記載。
ワイモバイルの(割引適応時)とは家族割引またはネット回線とセット割引を適応した後の値段です。

 

UQモバイルワイモバイル
3GBプラン【くりこしプランS】
1,628円
【シンプルプランS】
2,178円
(割引適応時):990円
15GBプラン【くりこしプランM】
2,728円
【シンプルプランM】
3,278円
(割引適応時):2,090円
25GBプラン【くりこしプランR】
3,828円
【シンプルプランL】
4,158円
(割引適応時):2,970円
通話オプション通話パック(60分/月):550円
かけ放題(10分/回):770円
かけ放題(無制限)1,870円
誰とでも定額:770円
スーパー誰どでも定額;1,840円
データ容量超過時くりこしプランS;300kbps
くりこしプランM;1Mbps
くりこしプランR:1Mbps
シンプルプランS;300kbps
シンプルプランM;1Mbps
シンプルプランR:1Mbps
通話料20円/30秒

 

比較の結果、家族割引インターネットセット割引を適応することで、ワイモバイルの方が安くスマホを維持できます。

 

家族割引きサービスとはご家族などで利用される複数の回線を、指定料金プランにて契約いただくと、2回線目以降の各基本使用料が毎月500円または1,080円の割引になります。(最大9回線まで割引が適用)
お一人さまで複数回線を契約いただく場合でも適用になります。

ワイモバイル公式HP:家族割引サービスより引用

 

また、おうち割 ひかりセット(A)の割引金額は、家族割引と同じです。

この割引を受けるには、ソフトバンク光またはソフトバンクAirを契約することで、割引を適応することができます。

 

おうち割ひかりセットA

 

家族でスマホをまとめない方。
単身でスマホ料金を安くした方は、UQモバイルの方が安いのでおすすめです。

 

\1人でもお得にスマホを契約/

公式HPで1万円キャッシュバック
iPhoneSE(第二世代)安い!

 

\家族でまとめると990円で維持できる!/

お得なキャンペーンが盛り沢山
1万8,000円値引き&SIM契約で5,000円PayPay還元!

 

 

UQモバイルとワイモバイルを15個のサービスで比較

 

UQモバイルとワイモバイルを15個のサービスで比較してみました!

サービス提供内容の一覧
UQモバイルワイモバイル
データくりこし×
家族割引×
ネット回線とのセット割引×
データシェア×
解約金なしなし
年間契約などの縛りなしなし
契約事務手数料3,300円(SIMパッケージ代)3,300円
60才以上の通話定額割引
名義変更× (苗字変更などの一部例外受付は可能)
ショップでの料金収納×
ショップでの修理対応×
5Gサービス提供○(2021年夏移行の予定)
還元サービスau Payとの連携が可能Paypayとの連携が可能
解約方法電話来店が必須
各種変更WEB・電話WEB・電話・ショップ

 

結論

サービス面では圧倒的にワイモバイルの方が有利

 

やはり、全国に「ワイモバイルショップ」を展開しているだけあり、サービス面ではワイモバイルが圧倒的に優勢。

大手通信キャリアと、ほとんど変わらないサービスを店頭で受けられるのは大きなポイントです。

 

ワイモバイルがおすすめの人

  • WEBでプラン変更をしたことがなく、ショップで行なっている方
  • 不明な点を店舗で伺いたい方
  • 修理を店頭で即対応してもらい方
  • プランの見直しをプロに行なって欲しい方

 

このような使い方をしたい方は、ワイモバイルの方がおすすめと言えるでしょう。

 

UQモバイルとワイモバイルで販売しているスマホで比較

 

UQモバイルで販売しているスマホは、公式オンラインショップで見てみると全部で8種類。

 

【UQ】のiPhoneシリーズ

  • iPhoneSE(第二世代)
  • iPhone8(au certified)

 

【UQ】のアンドロイドシリーズ

  • Galaxy A21
  • Xperia8 Lite
  • OPPO Reno3A
  • Galaxy A41
  • Aquos sense3 basic
  • Basio4

 

この後、紹介するワイモバイルのおすすめスマホの中にも、UQモバイルで扱っているスマホが多数ありますが、ワイモバイルで発売しているスマホの値段に比べて、

 

ココがポイント

ワイモバイルと比べて、UQモバイルの方がスマホの値段が安い

 

という、嬉しい特徴があります!

 

対してワイモバイルで販売しているスマホは、今後発売される販売予定の機種を含めると、全部で13種類あります。

 

ワイモバイルのiPhone

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhoneSE(第二世代)

 

ワイモバイルのアンドロイド

  • Android One S8
  • AQUOS sense4 basic
  • OPPO Reno3A
  • かんたんスマホ2
  • Xperia 10Ⅱ
  • Android One S7
  • Android One S6
  • Xperia8
  • HUAWEI P30 Lite
  • Android One X5

 

もうお気づいた人もいると思いますが、

 

ココがポイント

ワイモバイルからiPhone12シリーズが発売されます!

 

詳しい発売日はまだ発表されておりませんが、2月26日に発売予定。

 

店頭では品切れの可能性が高いので、オンラインからの契約がオススメです!

 

UQモバイルの【おすすめ機種】を紹介

 

UQモバイルで発売されている機種の中で、おすすめのスマホは2種類。

 

UQモバイルのおすすめ機種

  • iPhoneSE(第二世代)
  • OPPO Reno3A

 

なぜこらのスマホが、おすすめなのか機種ごとに解説していきます!

UQモバイルの、他のスマホについても詳細が知りたい方は、別の記事でUQモバイルのスマホを詳しく紹介しているので、そちらの記事も参考にしてみてください。

 

UQモバイルのおすすめスマホ
参考UQモバイルの機種(端末)おすすめ5選!業界人が選ぶのはこれ!

こんにちは! スマホ業界歴10年以上のスマホのプロことK太郎です! 格安SIMの中でも、CM効果もあり大人気のUQモバイル。 でも、UQモバイルでスマホを契約しようと思っていても、公式サイトには全部で ...

UQモバイルのiPhoneSE(第二世代)がおすすめの理由

 

iPhoneSE(第二世代)のポイント

  • iPhoneSE(第二世代)は、ワイモバイルより安く購入できる
  • iPhone7やiPhone8と同じサイズなのでケースをそのまま使える
  • iPhone11と同じA13チップを搭載で性能はパワフル

 

iPhoneSE(第二世代)がおすすめの理由の中で、1番の理由は圧倒的なコスパ性能です。

iPhone11と同じCPU(A13チップ)を搭載しているので、日常的な使い方はもちろんのこと、ゲームやビジネス向けの重たいアプリでもサクサク動いてくれるパワフルスマホ。

防水も搭載しているので、使い方で不便と感じるシーンは少ないはずです。

 

K太郎
iPhoneSE(第二世代)は、高い性能でiPhoneの中では低価格なので、とてもおすすめです!

 

また、今使っているスマホがiPhone7やiPhone8ならば、サイズもカメラの位置も同じなので、お気に入りのケースをそのまま使い続けられるのも嬉しい点です。

唯一の弱点は、現在発売されているiPhone12シリーズや、iPhone11シリーズと比べるとカメラ性能が若干低い点。
得にナイトモード非搭載は、抑えておかないといけないポイントです。

ナイトモードとは?

明るさが足りない場合、iPhoneが自動で光の取り込み量を検知して、夜間の撮影でも綺麗な写真を撮影してくれるモードのこと。得に設定は必要なく、自動的に作動してくれます。

 

また、UQモバイルはワイモバイルや他の会社と比べても「iPhoneSE(第二世代)を安く購入できる」ので、おすすめ機種にノミネートされるのは、当然と言えますね。

 


\iPhoneSE(第二世代)を狙っているならば/

ワイモバイルより安く購入可能

 

【OPPO Reno3A がおすすめの理由】

OPPO Reno 3A

 

OPPO Reno3Aポイント

  • 19,800円(税込)で購入可能なのに信じられない高い性能
  • 防水・おサイフケータイ・ラジオ(イヤホン必須)の全部のせスマホ
  • iPhoneに負けないカメラ性能

 

アンドロイドの中での、実は抜群の性能を秘めているOPPO。

 

K太郎
K太郎のイチオシ機種です。

 

抜群の安さで、こんなに性能良いの!?の発売された時には驚きました。

ハッキリ言って、1万円代で購入できるミドルレンジスマホの中で、最高のコスパと性能だと確信しています。

カメラ性能が良いのはもちろんのこと、「防水・おサイフ機能・ラジオ機能(イヤホン必須)」全部入りな点も大きな特徴

 

そして、最大の特徴はアンドロイドOSをベースにした「Color OS」を置いて他にありません。

 

ColorOSで出来ること

  • 3本指でなぞるだけの、かんたんスクリーンショット
  • OPPOスマホにプリインストールされている「ゲームスペース」でゲームを最適化してプレイが可能
  • 子供向けスマホ仕様にできる「キッズスペース」
  • その他多数あり

 

全部紹介したら、きりがないのでこれくらいで割愛しますが、アンドロイドスマホの中で、トップクラスのコスパと性能を秘めているOPPO Reno3A はおすすめ機種にランクインするのは当然とも言えますね。

 

\アンドロイドで迷ったらOPPO Reno3Aで決まり/

今すぐ申し込む

・安いのに低価格
・カメラ性能も抜群

 

ワイモバイルの【おすすめ機種】を紹介

 

ワイモバイルで発売されている機種で、おすすめの機種は全部で3種類!

 

ワイモバイルのおすすめ機種

  • iPhone12シリーズ
  • AQUOS sence4 bacsic
  • Xperia10 Ⅱ

 

ワイモバイルのおすすめ機種も、ご紹介します!

まずは、これから発売されるiPhone12シリーズからご紹介です!

 

【iPhone12シリーズがおすすめの理由】

iPhone12 シリーズ

ポイント

  • iPhoneシリーズの最新作なので性能はピカイチ
  • 特にカメラ機能が優秀
  • コンパクトサイズが良いならminiがおすすめ

 

最新モデルのiPhone12シリーズは、UQモバイルでは発売発表が今の所ないので、おすすめの商品です。

「iPhone12・iPhone12 mini」両方に言えることは、歴代のiPhoneの中でも「TOPクラスに高いカメラ性能」と最新のモデルの「A14チップ」を搭載していることでしょう。

 

ですが、iPhoneシリーズは本体がかなり高額。

 

K太郎
iPhone12シリーズは最新のモデルなので、一番安いモデルでも「iPhone mini 64GB」で9万6,480円(税込)もします。

 

もし、カメラ性能にそこまでこだわりがなければ、UQモバイル同様に「iPhoneSE(第二世代)」がおすすめ

\最新モデルのiPhone12シリーズ/

全てのモデルがナイトモード搭載
コンパクトサイズならiPhone miniも同時発売!

 

 

【AQUOS sense4 bacsicがおすすめの理由】

AQUOS sense4 basic

おすすめの理由

  • 1週間の長持ち充電がポイント
  • 全部入りの使いやすいスマホの代表格
  • 4,968円(税込)からで購入できる

 

AQUOS sense4 basicがおすすめな理由は、「1週間の長持ち電池」「4,968円(税込)で購入できる破格の値段」です。

 

全体な特徴をまとめると、使いやすさにこだわった設計と、SHARPの独自製法の「IGZOディスプレイ」で1週間の長持ち電池が、公式HPにも記載されているので、AQUOS sense4 basic1番の売りですね。

 

でも、この1週間に長持ち充電は注意が必要で、公式HPには、このような補足文の記述があります。

 通話やメッセージの送受信を中心に、1日あたり約1時間の利用と約23時間の待機時間を想定した独自基準を設定し、実際に端末を使用して測定したものです(シャープ調べ)。ゲームや動画視聴など、実際の利用状況によって短縮される場合があります。

引用元:SHARP公式HPから引用

どう言うことか、かんたんにまとめると、

 

さらに詳しく

1日1時間しか使っていなくて、あとは待機させた時に計測した結果。実際にゲームや動画視聴、日常的な使い方をした場合には、バッテリーの駆動時間は短くなる

 

と、記述されているのです。

 

『結論】

電池持ちが良いのは事実ですが、現実的な使い方をした場合は1週間も電池は持ちません。

 

値段は安くて、全部入りスマホ。シンプルなので、使い勝手が良いスマホですが、必ず1週間電池が続くわけではないので、そこだけは注意が必要ですね。

\全部入りの「安心国産スマホ」/

・電池持ちが優秀
・シンプルなスマホなので誰でも使いやすい

 

 

【Xperia10 Ⅱ】

Xperia 10 Ⅱ

Xperia10 Ⅱのポイント

  • スリムなボディで女性にも持ちやすい
  • 大画面でゲームやエンタメ要素が強い
  • 2画面操作ができるマルチウィンドウ対応
  • スペックが高いので操作性も良い

 

SONYから出している人気のXperiaシリーズは、最近はSHARPのAQUOSシリーズに販売台数では負けているものの、一定層の人気を維持しているのが「Xperiaシリーズ」。

今回のXperia10 Ⅱは、ワイモバイルで取扱いしているアンドロイドスマホ の中でも、「性能・スペック重視」の機種と言えるでしょう。

 

画面が縦長のモデルなので、上下に画面を分割して使用できる「マルチウィンドウ」が特徴の機種。
これを駆使して複数のアプリを利用できる点は、利便性が高いです。

 

もちろん、Xperiaシリーズなので「防水・防塵・おサイフケータイ」はもちろんなこと、音響はハイレゾ対応。

顔認証には対応していないものの、指紋認証に対応しております。

 

ワイモバイルのアンドロイドの中でも、スペック重視の方におすすすめ。

\Y!mobileのアンドロイドスマホの顔/

・人気のXperiaシリーズ
・マルチウィンドウで2つのアプリが起動可能

 

UQモバイルの特徴を詳しく解説

UQモバイル ロゴ

 

UQモバイルの特徴は全部で3つです!

 

UQモバイルの特徴

  • 単身者ならワイモバイルと比べて安く維持できる
  • 通信速度がワイモバイルと比べて早い
  • ワイモバイルよりスマホを安く購入できる

 

これら3点が大きな特徴。

UQモバイルは、「サブブランド・格安SIMの中」でTOPの通信速度です!
この高速通信により、YOUTUBEやNETFLIXなど、ストリーミングサービスをサクサク利用出来ます。

 

UQモバイル 速度

 

また、ワイモバイルと比較すると、家族割引やネット回線とのセット割引などがないのは痛いですが、単身者での契約なら、ワイモバイルより安くスマホを契約できるのも大きな特徴と言えます。

 

特にワイモバイルとの比較の上で、スマホを安く購入できるのは大きなメリットと言えますね。

 

【サブブランド・格安SIMの中で通信速度No,1】

UQモバイル公式サイトはコチラ

・家族割引なしの人にオススメ

 

UQモバイルのデメリットはあるの?

メリット・デメリット

UQモバイルのデメリットは

 

UQモバイルのデメリット

  • 家族割引がない
  • ネット回線とのセット割引がない
  • ワイモバイル と比べ、アフターサポートが充実していない

 

はっきり言って、UQモバイルの新プランは単身者向けのプランに改変され、家族層にとっては「改悪」になるプランと言えます。
「家族割引・ネット回線とのセット割引がない」のは正直痛い所ですね。

 

また、ワイモバイルと比べて、「ショップ数が少なくサービ面で劣る」という点も特徴です。

 

でも、プラン変更や解約などをカスタマーセンターやWEBで手続きが完了できるので、ショップを必要としない方にとっては、かえって便利な会社かもしれませんね。

 

K太郎
今後、ワイモバイル対抗で値下げをしてくれることを願います!

 

ワイモバイルの特徴を詳しく解説

ワイモバイル ロゴ

ワイモバイルの特徴も全部で3点ご紹介します!

 

ワイモバイルの特徴

  • 全国各地にショップがあるので、アフターサービス・相談を気楽に行える
  • 家族割引・ネット回線とのセット割がいままで通り継続してある
  • Yahooグループ傘下なので、ポイント還元などが優秀

 

ワイモバイルの特徴は、「サブブランド・格安SIM」の中でダントツのサポート体制が特徴。

全国に展開されているワイモバイルショップを利用することで、大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と同じレベルのサービスを受けることが可能です。

 

また、yahooグループ傘下なので、

Paypayモール・yahooショッピングの還元などがお得に利用できます(最大22パーセント還元・条件あり)

詳細は公式サイトで確認できます。

\新プランでよりお得になって登場/

・家族割引で月額990円(税込)で利用可能
・お得なキャンペーンを併用してよりお得に!

 

 

ワイモバイルのデメリット

メリット・デメリット

ワイモバイルのデメリットは、

 

ワイモバイルのデメリット

単身で契約した時の料金プランが、「サブブランド・格安SIM」の中で、維持費が一番高額。

 

ですが、今回の新プランになることで、

 

新プランになって改善された所

  • 通話プランの取り外しが可能になり、自分にあったプラン選びが可能
  • 家族割引・ネット回線とのセット割の割引金額の増額
  • Paypayボーナスの、有効期限がなくなった

 

など、「良い方向の改善が多い」印象があり、より使いやすい会社に進化しました!

 

UQモバイル VS ワイモバイルの共通点を紹介

UQ ワイモバイル 共通点

UQモバイルとワイモバイルは昔から、ライバル会社であり、内容が似通っているところが多いです。

そこで、UQモバイルとワイモバイルの共通点を紹介します!

共通点を知っておくことで、これらのメリットがあります。

 

共通点を知ることによるメリット

  • 選択時の迷いを減らせる
  • 自分の契約に、必要な点のみを洗い出せる

 

これらのメリットがあります。

UQモバイルかワイモバイルかで「迷っている場合」実はその迷いは「UQモバイルとワイモバイルの共通点」ならば、さほど重要な問題ではない可能性も十分にありえます。

 

K太郎
そもそも迷うべき内容じゃないことなのかも!?しっかり共通点を理解しておこう。

 

通話に関するオプションが豊富

 

UQモバイルもワイモバイルも通話に関するオプションが存在します。

この「通話オプション」もまるっきり同じ内容になっている代表的な項目です。

 

UQモバイルの通話オプションは全部で3つ

 

UQモバイルの通話オプション

  • 通信パック(60分/月) : 550円(税込)
  • かけ放題(10分/回)  : 770円(税込)
  • かけ放題(24時間いつでも) : 1,870円(税込)

 

ワイモバイルの通話オプションは2つ

 

ワイモバイルの通話オプション

  • だれとでも定額 : 770円(税込)
  • スーパー誰とでも定額 : 1870円(税込)

 

2つの会社に共通して言えることは、

 

UQモバイルとワイモバイルの共通点

「10分の無料通話・無制限の通話オプション」を用意していること。

 

UQモバイルは、通話をしない人向けに「通信パック(60分/月)」も用意しています。

 

UQはauの電波、ワイモバイルはソフトバンクの電波を、同じように利用できるので「つながらない」心配は無用ですよ。

 

通信速度が早くて安定している

スピード

UQモバイルはauのサブブランド。

ワイモバイル はソフトバンクのサブブランド。

両方に言えることは、

 

UQモバイルとワイモバイルの共通点

通信速度が早く、非常に安定しています。

 

私は職業上、どちらのスマホも利用していた経験がありますが、ハッキリ言って、大手キャリアとほとんど変わりません。

ここが、格安SIMサブブランド『一番の違い」と断言しても良いですね。

 

K太郎
ちなみに、UQモバイルとワイモバイルの通信速度比較は「公式サイトの発表」だと、UQモバイルの方が速度が早いよ!

 

iPhoneの取り扱いがある

apple

UQモバイルも、ワイモバイルの人気機種のiPhoneの取り扱いがあります!

UQモバイルで取扱いがあるiPhoneは2つ

 

UQモバイルのiPhone

  • iPhoneSE(第二世代)
  • iPhone8 au Certified iPhone (認定中古品)

 

ワイモバイルで取扱いがあるiPhoneは発売予定機種を含めると3種類

 

ワイモバイルのiPhone

  • iPhoneSE(第2世代)
  • iPhone12 (2/26発売予定)
  • iPhone12 mini(2/26発売予定)

 

これには私も驚いたのですが、iPhone12シリーズが早くもワイモバイルから発売されます!

お値段はiPhoneSE(第二世代)と比べると、だいぶ高価ですが、人気商品になる事は間違い無いでしょう。

 

UQモバイルのキャンペーン情報

驚いた顔

2021年2月現在の、UQモバイルで行なっているキャンペーンを紹介します!

UQモバイルオンラインストア「限定」のキャンペーンもご紹介するので、この機会に是非UQモバイルをご検討ください。

 

SIM契約で10,000円キャッシュバック

UQモバイル SIM契約 キャッシュバック

UQモバイルでは現在、SIMのみ契約で1万円のキャッシュバックを行なっております。

 

  • au以外からMNP(お乗り換え)で1万円キャッシュバック
  • 新規契約で3,000円キャッシュバック

 

さらに2021年4月1日から以下の特典が追加!

 

特典追加の内容

新規契約UQ学割を3か月目までに適用(ご契約月を1か月目とする)するとキャッシュバックが増額されます!

  • くりこしプランSの場合:3,000円(不課税)の増額
  • くりこしプランM/Lの場合:7,000円(不課税)の増額

 

K太郎
新規契約で、学割を適応するとキャッシュバックが増額になるけど、選んだプランにより金額が異なるので注意しよう!

 

ただし、キャッシュバックには条件があります。

 

UQモバイルのキャッシュバック条件

UQモバイルオンラインショップよりSIMのみご購入していただくと同時に、くりこしプラン(S/M/L)をご契約いただいた方へ、下記ご契約方法に応じた金額をキャッシュバックいたします。

  • 新規ご契約(新規携帯番号でのUQご契約):3,000円(不課税)キャッシュバック
  • のりかえ(MNP)でのご契約(現在ご利用の携帯番号を引き継いでのUQご契約):10,000円(不課税)キャッシュバック

引用元:UQモバイルオンラインショップ公式HP参照

 

かんたんにまとめると、「くりこしプラン」を選択して下さいという意味です。

 

また、せっかくキャッシュバックの条件をクリアしても、注意事項に違反をすると、せっかくのキャッシュバックが無効になってしまいます。

 

注意ポイント

  • 月額料金未払いの場合
  • お申し込み時にご登録いただいたEメールアドレスが無効などの理由により、キャッシュバックに関するご連絡をお送りできない場合
  • UQモバイル公式オンラインショップ以外からのお申し込みの場合
  • エントリーパッケージからのお申し込みの場合
  • auからののりかえ(MNP)でお申し込みの場合

引用元:UQモバイルオンラインショップ公式HP参照

 

注意事項に違反をすると、キャッシュバックから漏れてしまうので、注意してください。

 

【SIMのみ契約で1万円キャッシュバック】

UQモバイル公式サイトはコチラ

 

ワイモバイルのキャンペーン情報

喜んでいる人

ワイモバイルでは現在、たくさんのキャンペーンを開催しております。

特に、「オンライン限定」や「タイムセール」など、限定のものが多いいので、ワイモバイルの契約を検討している人は、定期的にチェックしておくことをオススメします!

 

キャンペーン①:【新プラン登場記念「最大18,000円(税込)」値引き】開催中

新プラン登場記念 18,000円引き セール

 

ワイモバイルはオンラインショップ限定で、最大18,000円(税込)の値引きキャンペーンを開催中です。

 

今回、オススメでご紹介させていただいた商品もキャンペーンの対象になっています。

 

商品通常価格値引き後
iPhoneSE(第二世代) 64GB57,600円39,600円
Xperia10 Ⅱ46,800円28,800円
AQUOS sense4 basic22,968円4,968円

 

 

キャンペーン②:【公式オンラインストア&Yahoo!モバイル共通】どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典

 

このキャンペーンは、ワイモバイルを契約する際「オンライン・店頭どちらでも」もらえる特典です。

この事前エントリーを行うことで、3,000円分の「PayPayボーナス」が還元されます。

 

step
1
契約前に、専用サイトでYahoo! JAPAN IDでログインをしておく。
※契約後のエントリーはカウント対象外なので注意して下さい。

 

step
2
当サイト、または店舗で契約を行います。
この時、シンプルS/M/Lのプランを契約して下さい。

 

step
3
申込日の翌月末までに、事前にエントリーしておいたYahoo! JAPAN IDで、ワイモバイルサービスの初期設定を行なってください。

 

【エントリーはこちら】どこでももらえる特典

 

キャンペーン③:5,000円分のPaypayボーナス還元キャンペーン

ワイモバイル SIM契約 最大5,000円還元

 

このキャンペーンはオンラインストア限定のキャンペーン。

SIMのみ契約で「シンプルプランM/L」を契約した場合に、5,000円分のPayPayボーナスの還元キャンペーンを実施中です。

 

コチラのキャンペーンは、注意事項があります。

 

注意ポイント

  • シンプルプランSはポイント対象外
  • ソフトバンクからのMNP(乗り換え)は対象外

 

契約時はプランをM/Lに設定して、プラン変更を行うのは契約者の自由ですよ!

【オンライン経由の契約限定】

・プラン M / L 契約限定
「ワイモバイルのどこでももらえる特典」と併用可能

 

キャンペーン④:ワイモバイルオンライン限定「タイムセール」

ワイモバイル タイムセール

オンラインストアでは、期間限定でタイムセールを開催中。

 

タイミングによりですが、スマホを通常価格よりもお得に購入できるチャンスが到来します!

 

かなり安く購入できるのですが、少し昔のスマホ・アウトレット商品が多いので、購入の際にはしっかり内容を確認して下さいね。

 

ココに注意

タイミングによって、商品が変動するので注意しましょう!

 

キャンペーン⑤:SIM契約するならYahoo!モバイル オンラインストア ヤフー店で決まり!最高額キャッシュバックがお得!

 

はい!ここは重要なポイントです!

もし、ワイモバイルでSIMのみを契約する場合には「公式」サイトよりyahoo経由で契約した方がダンゼンお得!

 

最大で14,000円相当の還元があるからです!
内訳:どこでももらえる特典3,000円分+SIM契約特典11,000円)

 

ただし、こちらで最大還元の契約を行うには、「登録方法とタイミング」がとても大事です!

やりかたを順番に説明します。

 

SIM契約特典14,000相当の還元方法

step
1
下にあるボタンをクリックし、黄色のボックス内の「ログインしてエントリー」を行い事前にエントリーをすましておく。

step
2
毎週日曜日、または5がつく日に、Y!mobileオンラインストア ヤフー店で契約を行うようにする。

例外抜きで、必ず「毎週日曜日または5がつく日」に契約を行うようにしてください。

理由は、還元金額が少なくなってしまうからです!

Y!mobileオンラインストア ヤフー店は、ブックマークしておいて下さいね。

 

登録方法は、単純なのですが、還元金額の減額につながりかねないので、注意して下さい。

 

 

UQモバイルをおすすめできる人のまとめ

 

では、UQモバイルをおすすめできる人はどんな方なのでしょうか?

 

UQモバイルをおすすめできる方は、これらに該当する人です!

 

UQモバイルがおすすめの方

  • 回線速度がとにかう早いのを使いたい方
  • 家族割引を利用しないで、単身で契約をする方
  • 自宅のネットがマンションやアパートに無料で設置されており、ネット回線契約をする予定がない方
  • iPhoneSE(第二世代)をお得に購入したい方

 

単身者の方や、通信速度にこだわりがある方が、UQモバイルをおすすめできると言えます。

 

【単身者・通信速度重視の方はおすすめ】

UQモバイル公式サイトはコチラ

・家族割引なしの人にオススメ

 

ワイモバイルをおすすめできる人のまとめ

 

反対に、ワイモバイルをおすすめできる方は、これらに該当する方です。

 

  • 家族割引を適応しUQより安く利用したい方
  • 自宅のネット回線をソフトバンク光やAirなどとセットで安くスマホを持ちたい方
  • 専門ショップで手厚いアフターサービスを受けたい方
  • オンラインでネットお得に契約をしたい方

ワイモバイルはUQと比べて、ファミリー向け・アフターサービス重視向けの会社ですね!

 

【結論】UQモバイルとワイモバイル!どっちか迷ったら「ワイモバイル」で決まり!

 

それでも、それでも迷ってしまった場合には、ワイモバイルの契約がおすすめです。

最新機種のiPhone12シリーズや、手厚いアフターサービス。

なにより、家族でまとめることで990円で利用できるコスパは、格安SIMに匹敵する安さだからです。

 

\迷った場合にはコチラ!/

・家族割引適応で990円(税込)で利用可能
「ワイモバイルのどこでももらえる特典」と併用可能

 

【ワイモバイル】店舗とオンラインではどっちで契約するのがお得?

 

結論からお話をすると、確実に「公式オンラインストア」で契約をする方がお得。

 

特にSIM契約をする場合、店舗で行なっていないPayPay還元キャンペーンを行なっていたり、スマホ購入の場合でも18,000円の値引きは実際、値引きを行なっていない店舗も稀にあるからです。

 

少しでも、UQモバイルかワイモバイルに迷っている方は参考にしてみて下さいね!

 

K太郎
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-スマホ情報

Copyright FixLabo けいブロ , All Rights Reserved.